佛教大学 「文学概論」 P6102 科目最終試験 予想解答集6題  2013 合格済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数547
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『文学概論 学習の手引き』、『小説神髄』、『文学概論』対応です。
    3の問題で100点合格済。
    あくまで参考資料としてお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6102 文学概論 科目最終試験 予想解答(6題)
    『小説神髄』の「小説の主眼」を参照しながら、小説の主たる目的について、…
    『小説神髄』の「小説の変遷」に基づき、神話とロマンスの関係、ロマンスとノベルの関係について…
    『小説神髄』の「小説総論」を参考にしながら、吉田精一の『文学概論』の「詩」に基づき、…
    『小説神髄』の「小説総論」に基づき、文学と他の芸術作品とを比べた場合の特性…
    江戸時代までの小説の流れを押さえ、明治十年代の文学状況を踏まえたうえで…
    芸術とはどのようなものであるべきかについて、『小説神髄』の「小説総論」で引かれている二人の…
    『小説神髄』の「小説の主眼」を参照しながら、小説の主たる目的について、人間の内面と外面からまとめ、小説家が心がけるべき事柄と、その目的についての坪内逍遥の意見をまとめよ。
    <小説の主たる目的>
     逍遥は小説の主たる目的はまず人情であるとする。ここでいう人情とは人間の情欲(煩悩)のことだ。人間の情欲は数多あり、それを内面に持たない人間はいない。聖人、賢人、善人とされる人間にも情欲はある。これらの外面の行いが純正純良な人間は、卑小な人間や悪人と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。