初等教育課程論 PB2100 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数772
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育部 教育学部 初等教育課程論(PB2100) 2単位目 合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:初等教育課程論(PB2100)2単位目 合格レポート
    (2問選択し解答 1・2を選択)
    課題1 教育課程の古典的類型のうち、教科中心カリキュラムと経験中心カリキュラムのそれぞれの特徴をまとめ、併せて「教材単元」と「経験単元」それぞれの特徴についても比較して述べなさい。
    課題2 あなたの「学力」について考えをまとめてください。さらに、学力を評価するシステムとして行われている「到達度評価」や「目標に準拠した評価」の特徴についてもまとめてください。
    成績:合格
    講評: 教育は、学校の中だけで行われるものではない。学校教育は、もともと生活の中の教育から分化し独立したもの。生活から発生し、生活の要求によって生れた学校教育が、生活との緊密な結びつきを必要とするのは当然のことといえる。ふぁが現実には、生活から遊離した学校教育がしばしば問題となる。それは学校が、一般的な原理・原則的な、共通な内容を基調としているからである。
    レポート本文
    ①教科中心カリキュラムとは、教材を教科によって組織し、教材の論理的順序をたどり、諸事実や諸定義や諸原理をそれ自身として求めるもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。