初等教育課程論 PB2100 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数765
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育部 教育学部 初等教育課程論(PB2100) 1単位目 合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:初等教育課程論(PB2100)1単位目 合格レポート
    (2問選択し解答 1・3を選択)
    課題1 教育課程とはどういう意味ですか、それが教師や子どもにとってなぜ重要なことといえるのですか。
    課題3 『小学校学習指導要領』の7回の改訂を取り上げ、それぞれの改訂で示された教育課程の特徴についてまとめてください。また、学習指導要領に示された「試案」と「告示」のもつ意味の違いについてもふれてください。
    成績:合格
    講評: 生活科は、低学年児童の思考の未分化性等の年齢特性や、幼稚園教育から小学校教育への円滑な移行・発展を考慮したものであるとされる。このような統合教科の必要性は、古くは大正期の新教育運動のなかで、また戦後新教育ではコア・カリキュラムにおける「生活拡充コース」や「生活実践コース」として主張された。
    レポート本文
    ①教育課程の意味と、それが教師や子どもにとってなぜ重要か、小学校学習指導要領から述べる。
     教育課程とは、学習指導要領における教育目的・目標を達成するための教育内容と言える。これは各学校において編成されるが、公教育において一定水準を確保する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。