教職実践演習 PA4030 2単位目 合格レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,497
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育部 教育学部 教職実践演習 2単位目(PA4030)合格レポートです。
    本レポートは難関といえるほど合格が難しいレポートでした。
    課題の中で特に「実践的指導力」や「柔軟な指導力」について具体的に述べるよう、実践演習のスクーリング時にアドバイスをいただきました。「実践的指導力」や「柔軟な指導力」ついて、考えを深めらると合格をいただけるのではないかと思います。
    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:教職実践演習(PA4030)2単位目 合格レポート
    課題1  子どもたちの目線に立った学級経営と生徒指導とは何か。その在り方について、教育実習や学校ボランティアなど教育・保育現場での体験を踏まえ具体的に論じなさい。
    課題2  学習指導等における柔軟な実践力と教師の権威・責任についてあなたの考えを述べなさい。
    成績:合格
    講評: 主旨を正確にとらえた良い文となっていると思います。
    レポート本文
    1、子どもたちの目線に立った学級経営と生徒指導とは何か、その在り方について考えていく。
     学級経営において、子どもの目線に立つ重要性は、見えない・聞こえない声を聞くこと。教師の言動一つ一つに重みがあり、子どもは素直に疑うことなく受け入れてしまう。言いたいのに言えずにいたり、自分の気持ちを押し殺し従う子もいるだろう。私が学生の頃、そのような自分がいたことを思い出される。また、教師と子どもの考えは違う。自分の思っていた考えが合っていたり、違っていても、従わざるを得ない環境が存在していたように思う。毅然とした対応、態度で臨みつつも、権威を行使するのではなく、子どもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。