初等体育科教育法 PB3060 1単位目 合格レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数632
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育部 教育学部 初等体育科教育法(PB3060) 1単位目 合格レポートです。 参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:初等体育科教育法(PB3060)1単位目 合格レポート
    課題  小学校体育科の運動領域における学習内容の「技能(運動)」、「態度」、「思考・判断」それぞれについて、具体的に詳しく説明すること。さらにこれらの内容と学習指導要領に示される「生きる力」との関係についても論述すること。
    成績:合格
    講評: 運動領域における学習内容の各項目と「生きる力」について大変よくまとめられています。
    レポート本文
    2008年度学習指導要領の改訂にあたり、心と体の一体化と生涯スポーツの能力育成を重視し、現在の知識基盤社会における子ども達の生きる力を確実に育めるように技能的目標、体力的目標、社会的目標の確実な達成のため、目標と内容の一貫性が強調され、①技能(体力を含む)②態度(規範的態度および愛好的態度)③思考判断の教科内容が具体的に記述されるようになった。これらの内容を踏まえて、以下具体的に述べていく。
    まず技能である。これは大別して2つあり、運動技能と運動技術に分かれる。前者は、自然発生的な身体発達の過程と結びついた、身体能力としての運動技能であり、個人の能力である。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。