初等教育実習指導 PB3160 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,815
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育部 教育学部 初等教育実習指導(PB3160) 1単位目 合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:初等教育実習指導(PB3160)1単位目 合格レポート
    課題 ①学習に関わる児童のレディネスを把握することの重要性について述べなさい。
       ②教育実習においては、先生方との積極的な関わりが求められる。
    その意味を3点あげて詳しく述べなさい。
    成績:合格
    講評: ①について、レディネスについて理解を深め述べています。
         ②について、積極的に関わることが具体的に述べられています。
    レポート本文
     ①レディネスとは、学習者があることを学習するとき、それを習得するために必要な精神的・身体的な条件が用意され、準備されている状態を言う。例えば、書き言葉を学習するためには話し言葉が十分に発達していることが望ましく、この場合、話し言葉は書き言葉の学習のレディネスと言える。一定のレディネスが成立していれば、学習者はその学習に興味を持ち、進んでこれを習得しようとし、学習の効果を上げることができる。レディネスがなければ、その学習者は学習に興味がなく、学習の効果を上げることができない。また、効率が悪いばかりか、マイナス効果を及ぼす場合もある。指導者は早すぎず遅す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。