児童,進路指導論 PB3090 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数442
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 教育学部 児童・進路指導論(PB3090) 1単位目 合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:児童・進路指導論(PB3090)1単位目 合格レポート
    課題 学級における児童同士、児童と教師の人間関係づくりと「自己指導能力」の関係について述べなさい。それを踏まえて、担任としてどのような点に気をつけ、学級経営を行えばよいか考えをまとめなさい。
    成績:合格
    講評:子どもは他者とかかわり、様々な人間関係を経験することで成長していきます。この経験の質や量が多く高いということは、それだけ成長の幅も広がっていくと言えるでしょう。担任は学級の場を「交流する場」として開放していく取り組みもできると考えます。どんな時間でどんな人々と、どのように交流する取り組みが企画できるか考えてみるのも良いでしょう。
    レポート本文
     児童同士、教師と児童の人間関係づくりと自己指導能力がどのように関係するのか述べ、その上で担任としてどのような点に気をつけ学級経営を行えばよいか、まとめていく。
     今日における生徒指導の機能は児童・生徒の自己指導能力を育むことを有している。その意義として、子どもが自らの生活に関わって発生する問題や課題の発見をし、自らの力で適切な解決法やとるべき進路..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。