初等教育相談の基礎と方法 PB3100 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数765
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 教育学部 初等教育相談の基礎と方法(PB3100) 1単位目 合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:初等教育相談の基礎と方法(PB3100)1単位目 合格レポート
    課題1  カウンセリングの3原則を述べたうえで、カウンセラーとは異なる教師の行
    う教育相談の目的・内容・特徴を整理しなさい。
    課題2  保護者との面談および子どもとの関わり方に関する基礎的な技法・考え方を
    述べなさい。
    成績:合格
    講評: 課題の設問に、概ね解答されていましたので、本レポートは合格です。
    <今後に向けてのアドバイス>
    心理相談では、カウンセラー:クライアント=1:1が原則であるに対し、教育相談では、教師:児童・生徒=1:多である構図の違いが重要なポイントになります。この構図の違いを理解することによって、自ずと子どもへの関わり方の違いを生み、互いの仕事を尊重しつつ、一つの教室における棲み分けを可能とします。第4章、教師のメンタルヘルス<3つのR>についても、教育相談を根底で支える大切な技法です。教師が精神的に安定していれば、子どもたちも安心して生活できますので、小さな問題は起こりづらくなるものです。子どもとの関わり方については、学童期における言語的なかかわりの制限について..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。