教育の制度と経営 PB1030 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数233
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 教育学部 教育の制度と経営(PB1030) 2単位目 合格レポートです。参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:教育の制度と経営(PB1030)2単位目 合格レポート
    課題1 学校経営もしくは学級経営について近年の動向のうち、関心のある課題の要点
    をまとめ、見解を述べよ。
    課題2 家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ。
    成績:合格
    講評: 学校の自主性・自律性を保障し、学校経営の裁量性を機能させるために校内経営体制を整備する方策として、職員会議の補助機関化、企画委員会等の活用、学校評議員制度の導入、校長・教頭への適材の確保などが示された。その中心は校長のリーダーシップ強化による「組織的、機動的な学校運営」の体制基盤づくりである。
    レポート本文
    ①学級経営とは、教師が学級を単位とし、一定の教育理念に基づいて展開する、組織的で計画的な実践の総体を示している。学級担任を中心に児童・生徒の人間形成に深く関わる創造的実践活動であるといわれている。そして、昨今の社会情勢の変化に伴い、学級担任一人では学級の諸問題に対応しきれない事態が増加している。そこには、学級担任間のチームワーク性が重要視される。では、どのような問題があるのか以下述べていく。
     担任は、授..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。