プラトンの理想国家論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数254
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    まず、古代ギリシアにおける社会観は氏族性社会で秩序とは家長や氏族長の意志や王の裁きが秩序であり、法であった。「法的支配といっても、支配組織は一種の暴力装置でやむをえないことになる」※1。また「支配、被支配の政治的場面で、とにかく権力や暴力の事実が目立つ以上、暴力を人間の原始的本姓、あるいは『人間の原始的自然』(anthrōpeiā physis アントゥローペイアー・ピュシス=human nature)と見なして承認するばかりか、それを賛美する権力主義者が出て来るのも、自然なことかもしれない。」とあるように、当時のギリシアは権力主義だったようである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「プラトンの理想国家論」
    今回はプラトンの理想国家論について斎藤忍随さんの書いた「プラトン」を参考にまとめた。
     まず、古代ギリシアにおける社会観は氏族性社会で秩序とは家長や氏族長の意志や王の裁きが秩序であり、法であった。「法的支配といっても、支配組織は一種の暴力装置でやむをえないことになる」※1。また「支配、被支配の政治的場面で、とにかく権力や暴力の事実が目立つ以上、暴力を人間の原始的本姓、あるいは『人間の原始的自然』(anthrōpeiā physis アントゥローペイアー・ピュシス=human nature)と見なして承認するばかりか、それを賛美する権力主義者が出て来るのも、自然なことかもしれない。」※2。とあるように、当時のギリシアは権力主義だったようだ。
    しかし、ペルシア戦争後商業の発達に伴うさまざまな交流が増えることによりイオニアでは伝統に囚われず自分の理性による世界の観察によってもたらされる個人の自由を尊重する動きが出始め、氏族性社会が崩壊した。
     またアテナイでは民主制が敷かれ、法とは王の裁きや支配者の意志ではなく、国家運営に全ての成員が参加することによって造られる、複..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。