カントの道徳

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数422
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    この世界の内においても外においてもただ善いとされるものは善意志だけである。善意志は最高善とみなされるのである。人間がそなえていて善いとされるものはさまざまあり、たとえば幸運の賜物である、権力、富、名誉、健康などは無制限に善いとはされない。「善く働く悟性であっても、その持ち主が『善い意志』をそなえていず、逆に『悪い意志』をそなえているなら、その悟性は悪だくみに巧みな奸知となろう。」(1)
    善意志はそれが引き起こす事柄や、善意志によって達成される事柄、初めから目的の達成に役立つことによって善いのではない。善意志はただ意欲することにより、それ自体において善いのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「カントの道徳」
    この世界の内においても外においてもただ善いとされるものは善意志だけである。善意志は最高善とみなされるのである。人間がそなえていて善いとされるものはさまざまあり、たとえば幸運の賜物である、権力、富、名誉、健康などは無制限に善いとはされない。「善く働く悟性であっても、その持ち主が『善い意志』をそなえていず、逆に『悪い意志』をそなえているなら、その悟性は悪だくみに巧みな奸知となろう。」(1)
    善意志はそれが引き起こす事柄や、善意志によって達成される事柄、初めから目的の達成に役立つことによって善いのではない。善意志はただ意欲することにより、それ自体において善いのである。
    人間には理性がそなわっているが、人間がただ幸福であることに自然の目的があるとすれば、理性はいらず本能だけで十分である。それにもかかわらず人間に意志に影響のある能力として理性がそなわっているのは善意志を幸福のための手段ではなくて、それ自体における善意志を生み出すために理性は必要とされる。「自然が人間に理性を与えたのは、人間がたんに生きるためではなく、善く生きるためであった」(2)のである。
    カントは善意志の概念..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。