女性のキャリアプランについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数348
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在、日本では急速な少子高齢化の進行により社会的従属負担を支えるためや、将来の若年労働力の減少補うために、女性の労働力を増加させる必要性が高まっている。そうした中で、日本の女性の高学歴化や女性の就労機会の増加、家事の電化・機械化や出生率の低下などにより女性が自由に使える時間が増えたことなどから、将来は、日本でも他の先進諸国のように女性の就労比率が増えると予測されている。
    このことから、今後女性のキャリアについて考える必要を感じ、「女性学生のためのキャリアガイダンス」を取り上げた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「女性のためのキャリアプランニング」
    はじめに
    そもそも筆者が「学生のためのキャリアデザイン入門」ではなく、「女性学生のためのキャリアガイダンス」を選択したかというと、筆者自身、就職活動を通じて女子学生における就職活動の難しさを間近で感じてきたことがある。例えば、企業は男子しか採用せず、女子を採用しても一般職にしか採用しないことがよく行われている。また就職した後も、配置、昇進、昇給、職業訓練などで明らかな男女格差が設けられている。もし、それが単純な能力や才能の差から発生するものであれば、それは区別であり公正と言えるかもしれない。しかし少なくとも平均的に見れば、男女の間にそうした差は認められないであろう。こういった就職活動における性差別を解消するにはどうすればよいか。この問題にアプローチするためである。
    また現在、日本では急速な少子高齢化の進行により社会的従属負担を支えるためや、将来の若年労働力の減少補うために、女性の労働力を増加させる必要性が高まっている。そうした中で、日本の女性の高学歴化や女性の就労機会の増加、家事の電化・機械化や出生率の低下などにより女性が自由に使える時間が増えたこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。