京都を他の都市と比較する

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数286
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    観光都市である京都が他の都市と比較しても歴史的建造物や文化遺産などが数多く現存していることに起因するようである。観光資源である歴史的な建築物を残すため、京都は景観と現代的な建築との関係性を守るさまざまな取り組みがなされていたのである。この取り組みは行政による拘束力を伴った法的根拠にも由来している。例えば、京都市は、国によって「文化財保護法」「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法(古都保存法)」といった施策と併せ、「国際観光文化都市」の指定を受けている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行政と市民からみる京都らしさ
    筆者が京都にまで通学するようになり、まず驚いたのが建築物の違いである。高層ビルなどがなく、町家を改装したカフェやレストランなど京都らしさを感じるものが数多く存在する。中でも、一番衝撃的だったのはファーストフード店やコンビニエンスストアなどの看板の色使いやサイズの違いであった。これは、観光都市である京都が他の都市と比較しても歴史的建造物や文化遺産などが数多く現存していることに起因するようである。観光資源である歴史的な建築物を残すため、京都は景観と現代的な建築との関係性を守るさまざまな取り組みがなされていたのである。この取り組みは行政による拘束力を伴った法的根拠にも由来している。例えば、京都市は、国によって「文化財保護法」「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法(古都保存法)」といった施策と併せ、「国際観光文化都市」の指定を受けている。京都市独自の景観条例は、2005年の景観法施行を背景として実行力を伴う形になったのではないか。以降、賛否両論の議論が続きながらも、条例による規制は年々厳格化していることからも明らかである。今では、無秩序的であった屋外広告..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。