【佛教大学】Z1002 スポーツ論入門(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数732
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    《Z1002 スポーツ論入門》
    自己のスポーツ(身体運動)体験を通して獲得したもの、現在、獲得しようとしているものを具体的に記述しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自己のスポーツ(身体運動)体験を通して獲得したもの、現在、獲得しようとしているものを具体的に記述しなさい。
     現在、取り組もうとしているものに、野口三千三(東京芸術大学名誉教授・故人)という人が開発した「野口体操」と呼ばれるものがある。方法としては「力を抜く」ことの大切さを、正面から取り上げたものである。野口体操では「より速く、より高く、より強く」勝つためのベクトルで考えるのではなく、感覚がいきいきと生かされ、からだがのびのびする可能性の高いからだの動きと、それに備わった自然な強さが担保されるからだを探るものである。
    野口三千三の言葉を中心に、野口体操の基本的な考え方を読み解いていく。「からだを「ほどく(解・釈)」動きは、からだのオーバーホールであり、からだのなかの情報・物質・エネルギーの摂取・排泄をよくすることであり、「つながり・つたわり・ながれ・とおり・まわり・めぐり・うつり・かわり」をよくすることである。それが「ちから」という働きをよくする(強く)することにほかならない。このことを最重要なことと考え、本気でその気になって、具体的な方法を探り、さらに実行する人が少ないのはなぜだろう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。