【佛教大学】S0536_人権(同和)教育(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数691
ダウンロード数42
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    《S0536 人権(同和)教育》
    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること。

    ★2013年度は、レポート設題内容に変更はありません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること。
     「同和教育」は教育の原点であるといわれることが多い。「同和教育」は、一人一人の教育権を保証するとともに「確かな学力」の定着を目指し、「平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な」児童・生徒を育てる取組そのものである。
     まず、戦後の同和教育史を概括する。戦後の京都市における同和教育施策は、同和地区児童・生徒の長期欠席(以下長欠)・不就学の取り組みに始まる。オールロマンス事件当時の長欠児童・生徒数は、小学校で京都市0.6%に対し同和地区6.5%であった。中学校では、京都市2.8%に対し同和地区28.7%と、数字が跳ね上がる。どちらも、京都市平均の10倍という高率である。同和地区児童・生徒の長欠・不就学問題は、同和地区創世記におけるもっとも重要にして緊急な教育課題であった。
    部落解放委員会京都府連合会はオールロマンス差別事件糾弾要項の「差別は行政の中に」で、同和地区児童・生徒..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。