【佛教大学】S8104_教育方法学1(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数411
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    《S8104 教育方法学1》
    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。

    ★2013年度は、レポート設題内容に変更はありません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。
     授業の設計と評価を、各々歴史の流れに沿って比較し、その留意点を述べていく。まず、授業の設計である。 
     現在の学習指導要領は、学校教育のすべての内容が極めて整然と体系化されて収容されている。横軸を教科、縦軸を学年とするマトリクスととらえるならば、この中に、日本の学校教育のすべての内容が、重複や矛盾なく、完全な系統性を保ったまま整然とおさめられている。
     このような系統性の高い教育課程のメリットは、その効率性だろう。順番に理解することができれば、短時間のうちにたくさんの内容を習得させられる可能性がある。また、国全体で行われているので、国内ならどこへ転校しても学習内容が学年を越えて異なることはないという標準化の機能もある。さらに、教材研究、教授法、評価法など、教育実践に関する蓄積を全国的に共有することができるというメリットも見逃すことはできない。
     しかしながら、デメリットも考えなくてはならない。第1に、系..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。