【佛教大学】S8103_教育社会学1(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数274
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    《S8103 教育社会学1》
    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください

    ★2013年度は、レポート設題内容に変更はありません。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
     学歴社会は、当該社会の社会的・職業的地位を決める主たる基準のひとつが学歴であるような社会である。この学歴社会を客観的に考察してみると、こういった社会になっていく、それなりの必然性が理解できる。 
     明治時代がスタートし、維新政府が必要としたのは、各分野における優れた人材であり、その質的・量的に安定した供給を保証してくれる機構であった。この必要性を満たすものとして当時考えられていたのが学歴社会・主義であったのである。学校という場にできるだけ広い諸階層の子どもを集め、そこで一定のルールに基づき子どもを競わせる。そして学校という場のパフォーマンスに応じて、社会的・職業的地位を割り振るというわけである。学歴社会は、一方では国民の精神的、知識統合や識字率の向上など文化的基盤を整備する役割を果たし、他方では多方面にわたるリーダーを質量ともに安定的に供給する役割を果たした。つまり、近代日本をそれなりに支えてきたメカニズムであったのである。
     しばしば学歴社会は「実力社会・能力社会」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。