面接の目的とワーカーとしての注意点について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数592
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士短期養成講座レポートです。参考にどうぞ!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ソーシャルワークにおける面接はクライエントのニーズに寄り添い、そのニーズを実現する方法をクライエントとともに探っていくプロセスとして位置づけられる。面接とはプロセスだがカウンセリングと対比するなら、面接のゴールはクライエント本人と別のところに設定されているのではなく、クライエントとともに実現化の方法を探り、クライエントのニーズを実現させていくためのものなのだ。また、ソーシャルワークにおける面接はその参加者がともに合意している意図的な目的を持つ。その目的は、大きく2つあげられる。1つは何らかの課題や機能の達成のために必要な情報を得ることでありもう1つはクライエントのニーズの充足や問題解決に向け..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。