面接における基本的応答技法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,882
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士レポートです。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     面接には、目的や目標がある。このために用いられるのが、基本的応答技法である。質問以外の方法については、まず内容の反射である。クライエントの言葉をそのまま反射する単純な反射、クライエントが言った言葉をワーカーの言葉で反射する言い換え、言葉を要約して反射する要約、明確にして示す明確化がある。さらに、クライエントの感情に焦点を当て、感情をそのまま反射する感情の反射、感情を明確にして示す感情の明確化、感情を受け容れて反射する感情の受容などがある。また、直面は、クライエントがなすべき課題を理解し、困難な課題に取り組む際に重要な技法である。さらに沈黙への対処も重要である。沈黙は主に、援助への抵抗、ワーカ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。