福祉国家とレジームとティトマスの福祉政策モデル

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数709
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成講座レポートです。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     エスピン-アンデルセンは、政治システム
    ・文化・歴史などの分析とともに脱商品化という指標を用いて、福祉国家レジームの3類型を示した。脱商品化とは、労働市場への参加がなくても福祉制度の充実を通じて、金銭的な人間関係をどこまで修正できるかを示そうとする指標である。つまり、障害があっても、高齢になっても、普通の生活ができる社会は脱商品化が進んだ社会といえる。また、エスピンーアンデルセンが、提唱した福祉レジームは、福祉国家には自由主義レジーム、保守主義レジーム、社会民主主義レジームの3つに分かれ、それぞれの福祉国家レジームは、福祉多元主義のあり方に特徴があるといえると述べている。
     アメリカを代表と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。