秘密保持の重要性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数252
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士短期養成講座レポートです。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     バイスティックの7原則の1つである秘密保持とはクライエントの個人的情報、プライバシーは絶対に他方にもらしてはならない、とする考え方で、いわゆる個人情報の原則である。これらは、利用者と援助関係の信頼関係を構築する倫理と行動の原則で、私的な個人関係とは異なる援助関係であるとされている。言い換えてみるとクライエントは、介護者の言葉1つひとつに真実性を感じ取っており、専門職の倫理網領に秘密保持の原則があるから守るのではなく、クライエントが問題と直面し、取り組んでいることに介護者が誠実に応じるからこそ、クライエントは安心して相談しようと思うのである。
     介護の分野でも同様で、介護では他人の生活に直接、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。