他職種連携の意義と課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数397
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成レポートです。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     他職種連携とは、人は誰もが生きる場所、その生き方に自分らしさを望んでいる。高齢化や病気によって自分らしい生活を続けることが困難になった時、そのことを支えてくれる体制があれば、望む生活を継続することが可能になる。クライエントの望む生活のあり方を確認し、生活の目標を一緒に考える。そしてそのクライエントが望む生活の目標を達成するには、何が必要なのかを検討し、支援体制を整える。それぞれの担当する職種が情報を共有し、支援の方向性を明確にし、それぞれの職種がそれぞれの役割を担っていくこと、それらを繋いでいく支援体制を整えることが他職種連携なのだ。ただ専門性の高い職種につく場合、自身の業務に徹するあまり周..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。