社会福祉士としての自己覚知

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数892
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士レポート、自分自身が行っている自己覚知です。A評価を頂いたレポートです。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     人には、ワーカーに限らず自分ではよく分からない部分(無意識、前意識)とはっきりと自分自身で分かっている部分(意識)があると考えられている。ホリスは個々の人の精神世界や行動に影響を与えている無意識の性質やはたらきについて、ワーカーは十分知っている必要が当然あると指摘している。意識あるいは無意識が常に関与する対人的適応の問題に関する診断的理解と治療の両方のために、無意識に関する知識はワーカーに必須である。
    まず、ワーカーは、自己の気持ちに真剣に向き合い自己の気持ちを理解しなければならない。自己の気持ちを理解することができる範囲でしか、他者の気持ちを理解することはできないからである。
    では私の価値..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。