現在の地域福祉の作成における留意点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数232
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成講座レポートです。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     地域福祉計画においては、住民が主体の計画とするため、小学校区など小地域を単位として計画作りに取り組むことが必要である。当該地域では、小学校区それぞれの懇談会を開催し、年をとっても、障害をもっても、子育て中の人も暮らしやすいまち、すべての人が住んでいてよかったと思える地域をつくるために、問題だと感じることや、取り組んでいることはあるかをテーマに、住民と行政職員等がともに話し合いを重ねた結果、保健・医療・福祉をはじめ様々な生活課題がだされた。これらの生活課題は、行政が取り組むべきこと、住民が取り組むべきこと、行政と住民が協力して取り組むべきことに分類整理した。その中で、住民主体の計画として、計画..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。