【2014】初等算数科教育法PB2130 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,163
ダウンロード数67
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■■■2014年度 明星大学 通信教育部 初等算数科教育法 (PB2130) 2単位目 合格レポート ■■■

    2014年度の明星大学 通信教育部における、合格レポートです。

    ■課題:
    1.算数科の指導案において、「単元観」には、学習指導要領の算数科についての目標や内容と密接に関連させて「単元設定理由」を述べる。このことの意味を具体的に説明しなさい。

    2.加算の指導において、加法の二つの意味(合併、添加)をどのように指導するか、具体例を挙げて説明しなさい。

    3.算数科の授業で用いられる図、表、グラフ等には、様々なものがある。これまでに学んだ算数指導の中から実例を一つ挙げ、その価値と効果について説明しなさい。

    ■成績:合格

    ■講評:
    1.課題に対しおおよそ答えることができました。

    2.課題をしっかりとらえ適切に答えることができました。

    3.折れ線グラフの説明、価値、効果についてしっかり書けました。

    ■参考文献 : 『初等算数科教育法』小野英夫著 (明星大学出版部)

    参考にして頂ければ、幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 初等算数科教育法(PB2130) 2単位目合格レポート
    ■課題:
    1.算数科の指導案において、「単元観」には、学習指導要領の算数科についての目標や内容と密接に関連させて「単元設定理由」を述べる。このことの意味を具体的に説明しなさい。
    2.加算の指導において、加法の二つの意味(合併、添加)をどのように指導するか、具体例を挙げて説明しなさい。
    3.算数科の授業で用いられる図、表、グラフ等には、様々なものがある。これまでに学んだ算数指導の中から実例を一つ挙げ、その価値と効果について説明しなさい。
    ■成績:合格
    ■講評:
    1.課題に対しおおよそ答えることができました。
    2.課題をしっかりとらえ適切に答えることができました。
    3.折れ線グラフの説明、価値、効果についてしっかり書けました。
    ■レポート本文
    1. 算数科の指導案において、「単元観」には、学習指導要領の算数科についての目標や内容と密接に関連させて「単元設定理由」を述べる。このことの意味を具体的に説明しなさい。
    単元の設定の仕方について、算数科の目標や内容と関連させて様々な要素から設定内容を述べていく。要素として、①..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。