【2014】初等教育方法学 PB2160 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数577
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■■■2014年度 明星大学 通信教育部 初等教育方法 (PB2160) 2単位目 合格レポート ■■■

    2014年度の明星大学 通信教育部における、合格レポートです。

    ■課題:
    1. 自分が情報通信機器やデジタル教材を活用しながら、授業を展開する際には、どのようなことに配慮するか考察しなさい。

    2. 我が国の教育方法の歴史をまとめた上で、今後の課題を整理しなさい。

    ■成績:合格

    ■講評:
    1. 具体的な面から検討が進められています。

    2. 教育方法の流れについて、理解が得られました。


    参考にして頂ければ、幸いです。

    ■参考文献 : 『教育方法の理論と実践』小川哲生・菱山覚一郎 (明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 初等教育方法学(PB2160) 2単位目合格レポート
    ■課題:
    1. 自分が情報通信機器やデジタル教材を活用しながら、授業を展開する際には、どのようなことに配慮するか考察しなさい。
    2. 我が国の教育方法の歴史をまとめた上で、今後の課題を整理しなさい。
    ■成績:合格
    ■講評
    1. 具体的な面から検討が進められています。
    2. 教育方法の流れについて、理解が得られました。
    ■レポート本文
    1. 自分が情報通信機器やデジタル教材を活用しながら、授業を展開する際には、どのようなことに配慮するか考察しなさい。
     情報化された現代社会を生き抜くには、ITの活用が不可欠であり、それ自体が「生きる力」の一要素ともいえる状況になってきている。
     ITを活用することの長所として、以下の5点が挙げられる。①新たな通信手段として、パソコンの情報通信機器は非常に優れており、文字や写真だけでなく、動画や音楽なども瞬時に送受信が可能となっている。②個に応じる道具に関して、パソコンは使う人の理解度や興味に応じることができる。③伝達メディアとしての側面も重要であり、教材を提示する際に、文字や図だ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。