【2014】初等国語科教育法 PB2110 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数707
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■■■2014年度 明星大学 通信教育部 初等国語科教育法 (PB2110) 2単位目 合格レポート ■■■

    2014年度の明星大学 通信教育部における、合格レポートです。

    ■課題 :
    今、どのような指導法が求められているか。
    歴史的な経過や小学校学習指導要領の構成に留意して自分の考えをまとめましょう。

    ■成績:合格

    ■講評 :
    今、どのような指導が必要か、指導の目指すべき、あるべき姿を明らかにしています。
    この理由、根拠が確かです。実践に期待します。


    参考にして頂ければ、幸いです。

    ■参考文献 : 『初等国語科指導法』長谷川清之 (明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 初等国語科教育法(PB2110) 2単位目合格レポート
    ■課題:
    今、どのような指導法が求められているか。歴史的な経過や小学校学習指導要領の構成に留意して自分の考えをまとめましょう。
    ■成績:合格
    ■講評:
    今、どのような指導が必要か、指導の目指すべき、あるべき姿を明らかにしています。この理由、根拠が確かです。実践に期待します。
    ■レポート本文
    今、どのような指導法が求められているか。歴史的な経過や小学校学習指導要領の構成に留意して自分の考えをまとめましょう。
     戦後の国語科は「国語科学習の目標は、児童生徒に対して、聞くこと、話すこと、つづることによって、あらゆる環境における言葉の使い方に熟達させるような経験を与えることである。」との考え方により出発している。この目標を具現化するために「聞く」、「話す」、「読む」、「書く」という言語活動を組織して、豊かな言語経験をさせる学習を追求し、話すこと、聞くこと、読むことの言語活動を統合し、一つの主題のもとに展開される単元学習に取り組んだ。この単元学習は1977年第5次学習指導要領告示により大きく転換する。「国語を正確に理解し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。