【2014】初等体育科教育法 PB3060 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数878
ダウンロード数42
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■■■2014年度 明星大学 通信教育部 初等体育科教育法 (PB3060) 2単位目 合格レポート ■■■

    2014年度の明星大学 通信教育部における、合格レポートです。

    ■課題 : 5年生における「陸上運動」領域のハードル走についての単元計画を作成せよ。

    ■成績 : 合格

    ■講評 : 簡潔によくまとめられています。


    参考にして頂ければ、幸いです。

    ■参考文献 : 『新版体育科教育学入門』高橋健夫、岡出美則、友添秀則、岩田靖、他(大修館書店)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 初等体育科教育法(PB3060) 2単位目合格レポート
    ■課題:
    5年生における「陸上運動」領域のハードル走についての単元計画を作成せよ。
    ■成績:合格
    ■講評:簡潔によくまとめられています。
    ■レポート本文
    *文字数的にレポート用紙に入りきらないため、1マス2文字入れる感じで詰めて記載して提出しました。そのため、このレポート本文部分においても、フォントを小さくして記載しております。
    5年生における「陸上運動」領域のハードル走についての単元計画を作成せよ。
    第5学年 体育学習指導案          第5学年1組(男子15名 女子15名)計30名
    1.単元名 陸上運動「ハードル走」
    2.単元について
    (1)一般的な運動の特性
    ①一定の距離におかれたハードルを一定のリズムで走り越える時に心地よさを感じる運動。
    ②相手と競争したり、自己記録に挑戦することが楽しい運動。 ①、②=機能的特性
    ③3〜5歩のリズムでハードルを走り越えて、ゴールまで全力で走り抜ける運動。
    ④ハードルの高さ、ハードル間のインターバルを適切な設定にする必要のある運動。
    ③、④=構造的特性
    (2)児童..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。