【2014】初等体育科教育法 PB3060 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数852
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■■■2014年度 明星大学 通信教育部 初等体育科教育法 (PB3060) 1単位目 合格レポート ■■■

    2014年度の明星大学 通信教育部における、合格レポートです。

    ■課題:
    小学校体育科の運動領域における学習内容の「技能(運動)」、「態度」、「思考・判断」それぞれについて、具体的に詳しく説明すること。さらに、これらの内容と学習指導要領に示される「生きる力」との関係についても論述すること。

    ■成績 : 合格

    ■講評 : 運動領域における学習内容の各項目の指導意図について、よくまとめられています。


    参考にして頂ければ、幸いです。

    ■参考文献 : 『新版体育科教育学入門』高橋健夫、岡出美則、友添秀則、岩田靖、他(大修館書店)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 初等体育科教育法(PB3060) 1単位目合格レポート
    ■課題:
    小学校体育科の運動領域における学習内容の「技能(運動)」、「態度」、「思考・判断」それぞれについて、具体的に詳しく説明すること。さらに、これらの内容と学習指導要領に示される「生きる力」との関係についても論述すること。
    ■成績:合格
    ■講評:
    運動領域における学習内容の各項目の指導意図について、よくまとめられています。
    ■レポート本文
    小学校体育科の運動領域における学習内容の「技能(運動)」、「態度」、「思考・判断」それぞれについて、具体的に詳しく説明すること。さらに、これらの内容と学習指導要領に示される「生きる力」との関係についても論述すること。
     すべての教科について述べられることであるが、体育科における教科の目的も、児童の「生きる力」を育成することにある。体育科は、脳を成長させるための過程をトレーニングするための教科ともいわれている。そこで、「体を動かすことが好きだ」という体育科の学力を高めることが、児童の「生きる力」や豊かな心、健やかな身体の育成につながることになると考えられる。
     まず、体育の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。