【2014】道徳教育の指導法(小学校) PB3070 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数785
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■■■2014年度 明星大学 通信教育部 道徳教育の指導法(小学校) (PB3070) 2単位目 合格レポート ■■■

    2014年度の明星大学 通信教育部における、合格レポートです。

    ■課題:
    小学校5,6年生を学習者として想定し、道徳の時間に展開したい学習内容を構想せよ。
    なお、ねらい、学習内容、評価を中心に要点をまとめること。書式は自由とする。

    ■成績:合格

    ■講評 : 情報会社会の問題を取り上げ、指導のポイントを明確にして、アンケートも活用してよく計画されています。

    参考にして頂ければ、幸いです。

    ■参考文献 : 『道徳教育の指導法』佐々井利夫ほか著 (明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 道徳教育の指導法(小学校)(PB3070) 2単位目合格レポート
    ■課題:
    小学校5,6年生を学習者として想定し、道徳の時間に展開したい学習内容を構想せよ。
    なお、ねらい、学習内容、評価を中心に要点をまとめること。書式は自由とする。
    ■成績:合格
    ■講評:
    情報会社会の問題を取り上げ、指導のポイントを明確にして、アンケートも活用してよく計画されています。
    ■レポート本文
    ・小学校5,6年生を学習者として想定し、道徳の時間に展開したい学習内容を構想せよ。
    なお、ねらい、学習内容、評価を中心に要点をまとめること。書式は自由とする。
     第5学年道徳学習指導案
    1.主題名 顔が見えない世界での人とのかかわり
    2.資料名 「ネットコミュニケーション」(飛来社)
    3.主題設定の理由
    (1)ねらいとする価値について
     平成20年に文部科学省から通知された「児童生徒が利用する携帯電話等をめぐる問題への取組の徹底について」の中でも学校における情報モラル教育についても提唱している。また、学習指導要領では、「情報社会で適切な活動を行うための基となる考え方と態度」を情報モラルと定めている。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。