【2014】初等教育課程 PB2100 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数764
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■■■2014年度 明星大学 通信教育部 初等教育課程論(PB2100)  2単位目 合格レポート ■■■

    2014年度の明星大学 通信教育部における、合格レポートです。

    ■課題:(下記3問より2問選択し、解答のこと。)
    1.小学校教育課程の編成と教育方法に関連し、学力を伸ばすためにはどうあるべきか、検討してください。

    2.教育評価につき、今後の学力課題に関連して考えをまとめてください。

    3.幼稚園教育の指導計画を立案するに当たって、基本的に留意すべき点を挙げて説明してください。なおその際、保育の理念や目指す子ども像、遊び観などを取り上げてください。

    (1.と2.を選択)

    参考にして頂ければ、幸いです。

    ■参考文献 : 『現代初等教育課程論』青木秀雄編 (明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 初等教育課程論(PB2100) 2単位目合格レポート
    ■課題:(下記3問より2問選択し、解答のこと。)
    1.小学校教育課程の編成と教育方法に関連し、学力を伸ばすためにはどうあるべきか、検討してください。
    2.教育評価につき、今後の学力課題に関連して考えをまとめてください。
    3.幼稚園教育の指導計画を立案するに当たって、基本的に留意すべき点を挙げて説明してください。なおその際、保育の理念や目指す子ども像、遊び観などを取り上げてください。
    (1.と2.を選択)
    ■成績:合格
    ■講評:ヴィゴツキーは、教師や他の子どもとの共同の中で、より高い発達水準の問題を解くことができることに着目し、「発達の最近接領域」と名づけた。それは子ども自身が独力で解決できる「現在の発達水準」から、級友や教師の指導・助言により解決可能になり、やがて独力での解決にまで発達することが可能な領域である。この理論は、模倣や共同学習の意義の見直しを迫り、やがて社会的構成主義の学習理論へと発展した。今、相互に影響を与えるアクティヴな学習方法が重要になっている。
    ■レポート本文
    1.小学校教育課程の編成と教育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。