【2014】教育の制度と経営 PA1030 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数378
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■■■2014年度 明星大学 通信教育部 教育の制度と経営(PA1030)  2単位目 合格レポート■■■

    2014年度の明星大学 通信教育部における、合格レポートです。

    ■課題:
    1. 学校経営もしくは学級経営について近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2. 家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ。


    参考にして頂ければ、幸いです。

    ■参考文献:
    『現代社会における教育の制度と経営』青木秀雄・岡本富郎著 (明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育の制度と経営(PA1030) 2単位目合格レポート
    ■課題:
    1. 学校経営もしくは学級経営について近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2. 家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ。
    ■成績:合格
    ■講評:
    各学校が教育目標や教育計画を「学校づくり」の観点から構想し、その達成状況(結果)を自己評価し、保護者や住民にアカウンタビリティ(説明責任)に基づき説明することが求められている。いわゆる学校評価とアカウンタビリティによる学校の責任体制化が確立されたのである。
    ■レポート本文
    1. 学校経営もしくは学級経営について近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
     学校経営とは、それぞれの学校において、学校教育目標の達成を目指して教育活動を変遷し展開するなかで、必要な教育諸条件を計画→実施→評価のサイクルを踏まえて整備し、その組織運営に関わる諸活動を管理し、意思決定をはかって実現するとともに、その教育活動の計画的で持続的な改善を求める創意的な機能を指す。また、学校経営は学校内部で完結するものではない。地域や家..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。