【2014】教育の制度と経営 PA1030 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数389
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■■■2014年度 明星大学 通信教育部 教育の制度と経営(PA1030)  1単位目 合格レポート■■■

    2014年度の明星大学 通信教育部における、合格レポートです。

    ■課題:
    1. 日本における教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2. 各国の教育制度の中から一つ取り上げ、公教育制度の発展について教育行政と関連して論述せよ。

    ■成績:合格
    ■講評:知識基盤社会は「生きる力」を必要とする。変化の激しい社会では、(1)「確かな学力」①基礎・基本を確実に身に付け、②自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、③よりよく問題を解決する資質や能力、(2)自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心などの「豊かな人間性」、(3)逞しくいきるための「健康や体力」の調和した発達が不可欠である。

    参考にして頂ければ、幸いです。

    ■参考文献:
    『現代社会における教育の制度と経営』青木秀雄・岡本富郎著 (明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育の制度と経営(PA1030) 1単位目合格レポート
    ■課題:
    1. 日本における教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2. 各国の教育制度の中から一つ取り上げ、公教育制度の発展について教育行政と関連して論述せよ。
    ■成績:合格
    ■講評:知識基盤社会は「生きる力」を必要とする。変化の激しい社会では、(1)「確かな学力」①基礎・基本を確実に身に付け、②自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、③よりよく問題を解決する資質や能力、(2)自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心などの「豊かな人間性」、(3)逞しくいきるための「健康や体力」の調和した発達が不可欠である。
    ■レポート本文
    1. 日本における教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
     戦後の日本の教育は、荒廃期から立ち直り、短期間に急激な拡大を達成したが、様々な教育問題に直面するようになっていった。そうした中で、臨時教育審議会が創設され、伝統的な日本の教育制度を抜本的に改革することが目指..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。