【2014】教職入門 PA1040 1単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数660
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■■■2014年度 明星大学 通信教育部 教職入門(PA1040) 1単位目合格レポート■■■

    2014年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、合格レポートです。

    ■課題:
    1.教員養成の歴史について論述せよ。
    2.教職の専門性について論述せよ。

    ■成績:合格
    ■講評:
    1.教員養成の歴史が的確にまとめられています。
    2.専門職としての職責について論及されています。

    参考にして頂ければ、幸いです。

    ■参考文献:『教職入門—専門性を探求し実践力を培う』青木秀雄編 (明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教職入門(PA1040) 1単位目合格レポート
    ■課題:
    1.教員養成の歴史について論述せよ。
    2.教職の専門性について論述せよ。
    ■成績:合格
    ■講評:
    1.教員養成の歴史が的確にまとめられています。
    2.専門職としての職責について論及されています。
    ■レポート本文
    1.教員養成の歴史について論述せよ。
     わが国の教員養成の歴史について制度の変遷を辿りながら、そこにどのような理念が込められてきたのかみていきたい。
     明治5年わが国初の近代教育制度である「学制」が制定され、同年には教員養成を目的として師範学校が設置された。明治19年「師範学校令」が公布され、師範教育の体系化が図られて教員養成の意義が定着した。この制度は全寮制で授業料は原則無料、そして学資が支給されたことが特徴として挙げられる。また、男子生徒に対して兵式体操が重視され、国家社会に対する人物の養成が図られた。一方、この制度の問題点として、師範タイプとして批判される教師の性格、行動、特性を生み出すことにつながっていったということが挙げられる。明治30年には「師範教育令」が制定され、さらに昭和18年には師範..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。