【2014】法学2 (日本国憲法)WE1020 2単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数720
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■■■2014年度 明星大学 通信教育部 法学2(日本国憲法) (WE1020) 2単位目合格レポート■■■

    2014年度の明星大学 通信教育部における、合格レポートです。

    ■課題:
    1.日本の国会が二院で構成される理由
    2.司法権の機能と独立

    ■成績:合格
    ■講評:
    1は二院制の機能上の特色、二院制の特色・課題がよく説明してある。
    2も司法権の役割と統一と独立の必要性がよく考察してある。

    参考にして頂ければ、幸いです。

    ■参考文献:『法学』北岡勲・児玉誠著(明星大学)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育学部 法学2 (日本国憲法)(WE1020) 2単位目合格レポート
    ■課題:
    1.日本の国会が二院で構成される理由
    2.司法権の機能と独立
    ■成績:合格
    ■講評:
    1は二院制の機能上の特色、二院制の特色・課題がよく説明してある。
    2も司法権の役割と統一と独立の必要性がよく考察してある。
    ■レポート本文
    1.日本の国会が二院で構成される理由
     まず、世界における二院制の類型についてみていきたい。議会が二つの合議体で構成される場合、これを二院制と呼ぶ。二院制の場合、少なくともそのうち一院は直接公選による議員で組織されるのに対し、他の院は別の選出方法による議員で組織される。前者を通常、下院と呼び、後者を上院と呼ぶ。この制度の目的は、下院が代表する民主的勢力を牽制することにあり、例として、19世紀ドイツ連邦の上院、イギリスの上院などがある。連邦制をとる国においては、各支分国の代表によって上院が組織される。この場合には、支分国の利益を議会に反映させることが目的であり、中央集権の連邦主義と支分国の主権の要求とを調和させることが目的となる。
     日本においても、明治憲法で二院制を採..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。