慶應通信総合科目保険理論2 催事の模擬店の出店アドバイス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数161
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保険理論模擬店慶應

    代表キーワード

    保険理論

    資料紹介

    催事の模擬店の出店アドバイスに関するレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    催事やイベントでの模擬店と、実際の飲食店の大きな違いは、店舗の調理設備の有無である。実際の店舗と違い、大掛かりな調理器具や水回りの設備は望めないため、おのずと制約がかかる。
    そのような場所での調理なので、気を付けないとすぐに食中毒による被害が起きる。
    まずは、簡易店舗全般にかかってくる制約として生もののとり扱いができない。具体的には生クリームや乳製品、生肉、生魚等の取り扱いはできない。
    これらの食材はきちんとした設備がなくては非常に食中毒の危険性が高いものである。
    さらに、今回は町内の広場で行うため、流水式の洗浄設備なども期待できないため、ご飯ものや、ゆでる麺(蕎麦やうどん、スパゲティー)類のメニューの取り扱いもできない。
    そこで、扱える品目としていわゆる「粉もの」と呼ばれる、お好み焼き、たこ焼き、チヂミ類。揚げ物となる、から揚げやフライドポテト。焼き物となる各種肉の串焼きや焼き餅。またゆでる麺は許可されないが、焼きそばなら可能である。
    中に調理して加熱したミンチ肉やソーセージを挟む、ホットドッグやハンバーガー類。もちろんこれらのメニューはきちんと火を通す必要がある。特に肉類が入ってい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。