慶應通信総合科目経済学 上級財および下級財について説明しなさい。

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数462
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経済学上級財下級財慶應

    代表キーワード

    経済学

    資料紹介

    上級財および下級財について説明しなさい。という課題です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    所得が増加すると消費量が増加する財を上級財、または正常財と呼ぶ。また、所得が増加すると消費量が減少する財を下級財、または劣等財と呼ぶ。
    多くの財は上級財である。所得が増えることによって、購入に充てることができる通貨が増えるからだ。
    しかし、逆に、所得が増加すると需要が減少する下級財もある。具体例を説明する。
    たとえば、バスの利用がある。バスを利用していた消費者の所得が増えると、自家用車を所有することができる。移動手段としてバスを利用していたうちの一部、または全部が自家用車での移動に置き換わるため、バスの利用は減り、下級財といえる。
    ただし、具体的には他のシチュエーションも存在し、たとえば、自家用車を購入できる収入があったとしても、運転免許を所持していなかったりするなどで、自家用車の利用の有無は収入と強い相関関係があるわけではない。たとえば、今回例に挙げた、自動車の購入を促進させるのは、前に挙げた運転免許有無や、また、住んでいる地域により、バス路線網がどれだけ整備されるか、また家族構成などによる移動手段の確保の必要性などで変わってくるものである。
    これは上級財についても同じような例は挙げ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。