慶應通信総合科目地学3短期と長期の気候変動要因について説明しなさい。

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数328
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    地学

    代表キーワード

    地学

    資料紹介

    短期と長期の気候変動要因について説明しなさい。という課題です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    短期と長期の気候変動要因について説明しなさい。
    地球は約46億年前にできたといわれていますが、 [Crutzen, 2004, ページ: 12]それから現在までの長い時間をかけて現在に至るまでに様々な変化をしていますが、その変化の影響によって、気候も様々に変動しています。
    これらの変動の要因には大きく分けて、自然的要因と人為的要因の二つがあります。まず、自然的要因には、太陽活動の影響や、地球の自転軸の傾きや、地震を含む火山活動があげられます。次に人為的要因には、特に、二酸化炭素を中心とした温室効果ガスの増加や、フロンガスの排出などがあげられます。
    過去の気候の変動について知ることは、将来的におきうる気候の変動予測、短いものであれば数時間後から数日後までの天気予報、長いものであれば気候がどのように変動していくかを予測することにつながり有意義です。
    長期の気候の変動要因において、最も大きなものは、太陽活動です。現在でも、太陽光が直射する昼間と夜の間は温度差があります。現在の地球でも最低気温と最高気温の差は、同じ地球上でも、100℃をこえます。
    つまり、照射された太陽のエネルギーを蓄え続けれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。