慶應通信総合科目地学2我が国の地学現象をプレートテクトニクスにより説明しなさい。

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数394
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    地学

    代表キーワード

    地学

    資料紹介

    我が国の地学現象をプレートテクトニクスにより説明しなさい。当課題です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本列島は4つのプレートがせめぎ合う地域となっている。
    まずは、世界最大のプレートであるユーラシアプレート。ユーラシア大陸の大部分と、その北端の海などを含み、日本列島の南厳分をその東端に乗せている。
    次に北アメリカプレート。ユーラシアプレートとの境界は曖昧である。運動方向の違いも小さいためという理由もあり、境界点の特定がされにくいという側面もある。そのため、ユーラシアプレートとの境界は諸説ある。
    そして、北西に向かって移動しているフィリピン海プレートがある。ユーラシアプレートにぶつかり、その下に潜り込んでいる。
    最後に太平洋プレートである。これは太平洋のほぼ全域に及ぶ巨大なプレートで西に向かって移動している。西に向かって移動しており、フィリピン海プレートおよび北アメリカプレートの下に潜り込んでいる。 [土井, 2005, ページ: 26]先ほどのユーラシアプレートは大陸プレートとして最大であり、太平洋プレートは海洋プレートとして最大である。つまり、日本は最大の大陸プレートと、海洋プレートがせめぎ合う地であると言える。しかし、ユーラシアプレートと太平洋プレートは直接には接していない。その..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。