慶應通信総合科目地学1地震分類

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数321
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    地学

    代表キーワード

    地学

    資料紹介

    地震を分類し、それぞれの地震発生メカニズムについて論じなさい。という課題です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地震の発生メカニズムは大きく、プレートによるもの、火山性によるもの、ダム建設という人工的な原因によるものの3つをとりあげて論じる。
    地球上は10数枚の大きなプレートと、それよりも小規模なプレートに覆われており、それぞれが個別に動いている。その結果、境界部分でずれがおき、そのずれが地震という現象になる。
    プレートは世界各地で押し合いへし合いをしており、それがプレートの内部を傷つけることもある。その傷が断層で、この部分でも地震が起きる。 [土井, 2005, ページ: 38]
    大陸プレートと海洋プレートは通常、海と陸という高低差のある分類からわかるように、大陸プレートの下に海洋プレートがもぐりこむような状態になっている。日本近海では、東北に日本の太平洋側などにその境目がある。ここでは太平洋プレートが20°から30°ほどの傾斜で北アメリカプレートの下に潜り込んでいる。その境界の断層は年間数センチから数十センチぐらいのスピードでずるずると滑っているものの、接触面の組成や形状によって、所々でひっかかる。引っかかったところはしばらく止まっているが、周りが動いていくと耐え切れなくなって抵抗を失い一気..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。