<2014>(明星大学)【生活科】[PB1030]科目終了試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数296
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信における2014年度の科目終了試験の過去問です。2013年度以降の問題も含まれていますが、問題がパターン化されていますので、これだけ覚えていれば、まず不合格になることはないと思います。実際、私も試験勉強に使用したものであり、テスト本番でも、すべてこの中から同じ問題が出題されたので、一度も不合格になることなく、試験を突破することが出来ました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <科目終了試験>【生活科】(PB1030)
    ○生活科の学習指導の特質について述べよ。
    ○生活科の授業を展開する際の教師の役割を検討せよ。
    ○生活科の学習指導について、留意すべき点を指摘せよ。
    生活科の学習指導の特徴は、教師が支援者であることだ。より良い支援のために必要なこととして、以下に4つを挙げる。
     1つ目に、綿密な準備である。生活科の授業は教師個人で行う一斉授業ではなく、多くの場合、地域の人々との連携があり、子どもも個別行動になる事もある。このような分散型の授業では、可能な限りの状況を想定し準備しておくことが、別行動をとる子ども1人1人に目を配ることのできる授業への条件である。
     2つ目は、子どもの個性にふさわしい支援の形の追求である。子どもの行動や視点は様々で、必要とされる支援の頻度も形態も様々である。教師が日頃から子どもと接し、関係を構築することで、自ずと子どもの要求も見えてくるであろう。
     3つ目に留意したいことは、評価の作成と指導のバランスのとり方である。評価の作成は、割と容易であり、評価の完成度は教師としての自身の評価にもつながるため、無意識のうちに授業以上に力を入れて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。