<2013>(明星大学)【特別活動の指導法(小学校)】[PB3080]科目終了試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数360
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信における2013年度の科目終了試験の過去問です。私が実際に試験勉強に使用したもので、テスト本番でも、すべてこの中から同じ問題が出題されたので、一度も不合格になることなく、試験を突破することが出来ました。
     少しでも皆さんのお役に立てたら光栄です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <科目終了試験>【特別活動の指導法(小学校)】
    <特別活動の教育的意義>
     特別活動は集団活動を特質とする。特別活動は、小学校においては、学級活動・児童会・クラブ活動・学校行事を内容として構成される。学級を単位とする集団の他に、学級や学年の枠を超えた集団による活動が含まれている。一人一人の児童が様々な集団に所属して活動することによって、人間関係も多様になり、生活経験も豊富になるなど、他の教育内容とは異なる意義が認められる。
     全人的な人間形成を図るという意義を有している。
    ・集団の一員として、「なすことによって学ぶ」活動を通して、自主的・実践的な態度を身に付ける。
    ・教師と児童生徒及び児童生徒相互の人間的な触れ合いを基盤とする。
    ・児童生徒の個性や能力の伸長、協力の精神などの育成を図る。
    ・各教科、道徳、外国語活動及び総合的な学習の時間などの学習に対して、興味・関心を高める活動である。また、各教科等で培われた能力などが総合・発展される活動である。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    <その他の活動との比較>
     そもそも特別..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。