<2013>(明星大学)【教職入門】[PA1040]科目終了試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数432
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信における2013年度の科目終了試験の過去問です。私が実際に試験勉強に使用したもので、テスト本番でも、すべてこの中から同じ問題が出題されたので、一度も不合格になることなく、試験を突破することが出来ました。
     少しでも皆さんのお役に立てたら光栄です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <科目終了試験>【教職入門】(PA1040)
    ○「生きる力」と学力について、具体的に論じなさい。
    【生きる力】
    自分で課題を見つけ、自ら学び、考え、主体的に判断・行動し、よりよく問題を解決する能力。
    【新しい学力から確かな学力へ】
    知識や技能はもちろんのこと、学ぶ意欲や、自分で課題を見つけ、自ら学び、判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力等までをまとめたもの。
    ○「生きる力」を育てるため、教師は子どもに対してどう関わるべきかについて、自己の考えを述べよ。
    子どもたちが主体的・自発的に使える時間を多く確保して、社会全体が時間的にも精神的にもゆとりを持てるように関わるべきである。そして、自信と誇りを持って様々な角度から社会を見る力や、学校間や地域社会間で教員同士補いながら社会に対応できる人間形成への手助けをしなければならない。
    ○親の子に対する愛情と、教師が子どもにかける愛情を比較して、その特性を明らかにせよ。
    ○教師にとって、教育愛はどういう形をもって発見されるかを、具体的に述べよ。
    <親子愛>
    ①対象が我が子に限定される。
    ②対象の価値を問わない。その子の素質や能力に関係なく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。