<2013>(明星大学)【教育の制度と経営】[PA1030]科目終了試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数537
ダウンロード数63
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信における2013年度の科目終了試験の過去問です。私が実際に試験勉強に使用したもので、テスト本番でも、すべてこの中から同じ問題が出題されたので、一度も不合格になることなく、試験を突破することが出来ました。
     少しでも皆さんのお役に立てたら光栄です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <科目終了試験>【教育の制度と経営】(PA1030)
    ○学校経営の基本について論じなさい。
     学校経営は、「学校教育目標-学校教育計画-教育活動-学校評価」といった学校の教育目標の達成を目指した、教育の内容や活動を中軸とする「内容系」あるいは「目標系」と、教職員や児童・生徒の人的条件、施設・設備や教材・教具等の物的条件、学校予算等の財政的条件、さらには情報環境およびその組織運営等からなる「条件系」あるいは「組織系」の2つから成立している。
     学校経営の内容の分類は、学校管理の側面からいえば、物的管理、人的管理、運営管理の3領域が伝統的に設けられているが、学校運営の側面からいえば、①組織・運営、②教育課程、③生徒指導・教育相談、④学校保健・安全教育、⑤学年・学級経営、⑥庶務・経理などである。一般的には、校務分掌組織や学校運営組織として図示・表示される。管理と運営は、学校経営を構成する車の両輪である。
    ○「教育基本法」について論じなさい。
    ・教育の基本理念に関する規定は、「日本国憲法」と「教育基本法」によって定められている。
    ・日本国憲法の下、1947(昭和22)年3月に「旧教育基本法が」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。