日大 交通論①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数71
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 2013年の訪日観光客が1000万人を突破したが、観光庁は東京オリンピックが開催される2020年は2013年の役2倍の2000万人を予測している。訪日観光客数が増加することによるプラス効果とマイナス効果について具体的な事例を紹介し論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    訪日観光客数の増加によるプラス効果とマイナス効果について、次のとおり述べる。
    1.国際的な人の流れについて
     わが国の世界経済に占める地位が向上し、実質的に「人・物・金・技術・情報」の移動が活発化され、わが国が世界的な役割を果たすことを可能とした。こうしたグローバル化は、情報通信技術・交通技術等の急速な発展により、人の移動を活性化するとともに人の暮らし方を大きく変えてきた。グローバル化には特に制度・慣習・国民意識レベルの改革が進められ、国家相互理解の増進を積極的に推進させねばならない。広く各層の国際的な人の交流を推進することが必要であり、異なる文化の人と対話することで新しい夢や価値観を見つけることができる異文化交流が重視される。世界中で行われる異文化交流には互いの国の民族衣装・食事・歴史・風習等を体験し、学ぶものもあるが、世界規模で行われるスポーツ大会や頭脳オリンピック等も異文化交流といわれている。日本政府観光局による訪日外国人旅行者数を見ると1964年は35 .5万人にすぎなかったが、2013年に初めて1,000万人を超え、2014年には1,341万人となった。その背景には、円安効果..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。