交通論 交通論②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数52
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    課題 近年、地方都市を元気にする施策が求められているが、例えば、地域外から観光客を誘引する観光まちづくりが全国的に推進されるようになった。そのため、各地域の「こだわり特産料理」「B級グルメ」などを食するという観光形態が増加している。「観光まちづくり」に関する具体的に資料を収集し、その特性を分析しどのような問題があるかについて述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人口の減少、少子高齢化が進み、また一方でグローバル化によって国際競争が激化していく厳しい時代の中、個性的なまちづくりによって来訪者を増やし、経済力を含めた地域力を高めることを目的とした地域振興を目指す観光まちづくりに取り組んでいくことが求められている。そのような観光まちづくりの政策・特性・効果・問題点について、次のとおり述べる。
     観光まちづくりとは、地域が主体となって、自然、文化、歴史、産業、人材等、地域のあらゆる資源を活かすことによって、交流を振興し、活力あふれるまちを実現するための活動と定義されている。これは、各地域の観光資源を最大限活用し、住まう人にとっても訪れる人にとっても心地よい空間、また訪れたいと思う地域づくりを進めることで、住まう人の人間性を豊かにし、経済力を含めた地域力を高めると同時に、訪れる人の精神的充足を養うことを目的とした政策である。近年、食材の供給地としての地域特性を全面に出した「食のまちづくり」を構想する自治体が現れはじめ、地域循環経済を目的の一つとして地産地消に取り組む自治体が全国に広がるようになり、地場産食材ブランド化を目指した「B級グルメ」ともいわれる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。