商法 分冊①

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数59
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    課題 商業登記はどのような機能を有する制度か。その機能を発揮させるために法はどのように規律しているか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商業登記制度と機能、および法との関わりについて、次のとおり述べる。
    【商業登記制度と機能について】
    商業登記制度とは、商法、会社法その他の法律の規定により登記すべきと定められた一定の事項(登記事項)を、国家が備えた商業登記簿に記録して広く一般に公示することで、商号、会社等にかかる信用の維持を図り、かつ取引の安全と円滑に資することを目的とする制度である。商業登記は、個人商人および会社という権利の主体に関する登記であり、その他、一般社団法人および一般財団法人等の会社以外の法人に関する法人登記がある。
     商業登記の機能には、①公示機能、②予防的機能がある。①公示機能とは、個人商人および会社に関する事項であり、取引上重要なものを商業登記簿に記録して広く一般に公示して、これらの者と取引する者を保護すると共に取引が迅速に行われるようにする機能である。②予防的機能とは、商業登記制度があることによって法律関係の形成が適正に行われ、後に無用の混乱が生じることを未然に防止する機能である。例えば、会社は設立の登記をしなければ法人格を取得しない。これは、国家機関である登記所において設立手続が適正に行われたか否..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。