証券市場論 分冊2

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数259
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題 投資理論をポートフォリオとデリバティブ戦略を用いて体系的に説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題 投資理論をポートフォリオとデリバティブ戦略を用いて体系的に説明しなさい。
     証券投資の目的は大きく分けて2通りある。1つは、企業の経営支配を目的とする投資であり、もう1つが利益の追求を目的とするものである。企業の経営支配を目的とする証券投資も、広い意味では利益追求を目的としていると言えなくもないが、この場合は経営支配を通しての利益追求であり、証券投資によって直接利益を得るわけではないので、区別する必要がある。
    ポートフォリオ理論
     有価証券投資の目的は利益の追求である。しかしその一方では有価証券投資で常に利益を確保できるとは限らない。証券投資のリスクを伴うからである。有価証券投資においてリターンを期待するならば必ずリスクが存在するから、最もリスクの少ない有価証券を選択した集合体のなかから最適なポートフォリオを構築することになるという事である。もう少し平易な表現をすれば、有価証券投資にはリスクに見合ったリターンつまり限定的リスクの中で最大の利益を追求すること、あるいはリターンに見合ったリスクつまり適切な収益を確保しながらリスクを最小限にするという事が大切である。
     このように「リス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。