国際政治学分冊1

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数145
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問1.国際社会を客観的に分析する為の基本的な心構えについて述べなさい。
    問3.冷戦終結後にこれまで表面に出てこなかった民族紛争が各地で勃発した理由について説明しさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際政治学 分冊1
    問① 国際社会を客観的に分析する為の基本的な心構えについて述べなさい。
     まず、国際社会の歴史を分析し、現状を見つめそれらを理論的に問い直し、そして解決すべき今日の課題を検討する。という作業がポイントとなる。世界的な視野をもつためには、世界の出来事に関心をもち、情報に触れる習慣を身につけることが重要になる。新聞や雑誌、テレビのニュースなどで世界の情報に接することが広い視野をもつ基本となる。
     そして、長期的な時間軸を意識することも重要となる。時間軸についてわれわれは、50年前の出来事や100年先の未来にまで思いをはせることが可能である。国際関係を学ぶには、10年、50年あるいはそれ以上の時間軸を過去にも未来にも想定できるような感覚が必要となる。世界を客観的に観察することは、簡単なことではない。政治学、経済学、国際関係論などの研究分野は、「社会科学」と呼ばれるが、科学と呼ばれる以上、客観性が重要視される。国際的な問題についてはとくに、われわれは偏見をもちやすい。そもそもある特定の文化や価値観の中で生まれ育ったわれわれは、自己の価値観を中心に他国を観察し、世界を認識しよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。