法学レポート2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数165
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    違憲立法審査権が用いられて意見とされた例を一つとりあげ、違憲とされた理由について検討しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ○尊属殺人罪について、1968年栃木実父殺し事件を取り上げたいと思います。この事件の概要は、被告人の女性Aは実父Bを絞殺した。殺害の日まで被告人Aは被害者Bによって10日間にわたり自宅に監禁状態にあり、最終的に口論の末に殺害したものである。検察が被告人Aの家庭環境を捜査した所、被告人Aが14歳の時から実父Bによって性的虐待を継続的に受けており、近親姦を強いられた結果、親娘の間で5人の子(うち2人が幼いうちに死亡、他にも6人を妊娠中絶)を産む夫婦同様の生活を強いられていたことが判明した。さらに、被告人は医師からこれ以上妊娠すると身体が危ないと諭され、不妊手術を受けていた。○○○○○○○○○○○被告人Aがその境遇から逃げ出せなかったのは、自分が逃げると同居していた妹が同じ目に遭う恐れがあったからであった。そうした中、被告人Aにも職場で知り合った男性と恋愛になり、正常な結婚をする機会が巡ってきた。その男性と結婚したい旨を被害者Bに打ち明けた所、被害者Bは激怒し被告人Aを監禁した。その間被害者Bは被告人Aに性交を強要した上、罵倒するなどした為、被告人Aは思い余って腰ひもで被害者Bを絞殺するに至..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。